Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.18.宮城県教委行動の報告です。

2008.09.18.宮城県教育委員会申し入れ行動 報告です。

たくさんの方からメールやファックスを宮城県教委にお寄せいただいたこと、感謝しています。お一人おひとりの声が、権力の横暴を止める力を持っていると感じています。ありがとうございました。
2008年9月18日16:00-17:20 宮城県庁611会議室 
宮城県教委:3名(教職員課副参事兼課長補佐、小中学校班副参事、他1名)、許さない会:11名

質問状への宮城県教委の回答は、次の通りです。
 私たちは、学校がよりよいものになることを望んでいます。しかし、宮城県教育委員会が作った教職員評価制度は、学校現場に混乱をもたらしています。全ての子どもたちがすこやかに育まれる学校を作るため、以下申し入れ及び質問します。

1 教職員評価制度の成果と課題を明らかにすること。

 教職員評価制度が、教職員一人ひとりの意欲的かつ主体的な教育活動に支障を来しています。評価を気にしてびくびくしながら、意欲的に教育活動できるものでしょうか。教職員評価制度の有効性についての疑問には、明確な回答を誰からも聞くことができません。試行2年そして本格実施2年半の成果をお答えください。また、この制度そのものの課題もお答えください。 
 なお、「新しい昇給制度」について、校長会などで県教委による説明が進められていると聞きます。この「新しい昇給制度」と教職員評価制度との関係を説明してください。
回答→成果と課題について、現時点で分析していない。現時点では、分析計画もない。情報収集はしているが、皆さんに示せるものではない。賃金は、多角的総合的に評価すべきなので、全て(教職員評価制度も)参考にする。

2 教職員評価制度を廃止すること。存続させる考えなら、見直し計画を明らかにすること。
 教職員評価制度導入による管理強化によって、適正な教育活動に支障が出ています。
・とにかく書けばいい、従ったことにしておけばいいという無気力・無関心。
・日々監視されている、管理しなければならないという脅迫感。
・こんなことをやらされて、よくなるのかという不信感。
・協力し合えない状況の下、評価者である管理職に、かつてはできていた相談をできない孤立感。
・孤立させられた教職員は、自分を責め、健康を害しがち。精神疾患の蔓延...
 教職員評価制度が、学校への不安を増大させているのです。監視管理され、表面だけ繕い、孤立し疲弊させられた教職員に、どのような教育活動をしろというのでしょうか。
 これまでの交渉(2007.8.24. 2006.12.19.)で教職員評価制度の見直しは「3年」「必要があればその都度」と聞いています。2008年度が「3年目」となります。見直し計画がどのようなものか、明らかにしてください。
 また、見直すかどうかの検討が行われたか否かも、お答えください。
回答→現時点で、廃止は全く考えていない。見直し計画もない。見直しには、ある程度のサイクルが必要。

3 教職員評価制度に反対する教職員を、処分しないこと。

 市町村立学校で勤務する教職員を処分するために、市町村教育委員会に圧力を掛けるのは、越権行為です。まさに法に違反する行為です。どの法令に基づいて県教委は「指導」「処分」するのですか。
回答→懲戒処分ということでは、現時点では具体的に検討しているものはない。ただし、将来に渡っては、処分しないと保障できるものではない。教育委員会の権限である。

4 私たちには、いろいろな相談が寄せられています。以下の具体的な学校現場での相談について、どのように考えますか。

A ゆとりのない管理職...
いつでも紙挟みを持ち、監視する管理職。どんなことでもメモし、会話が成立しない。児童生徒からも「こわい」と言われている。「説明責任」という「職務」の圧力に、健康も害している。
B 「指導力不足」というおどし...
教職員評価制度についておかしいと思う。けれども管理職に反する言動をすると「指導力不足」と言われる。クビになるのが怖いから、評価票は無難に書いて出している。教職員評価制度がない以前のほうが、みんなのびのびできる。
C 意味あるんだろうか...
教職員評価制度と言っても、春と冬だけのこと。書くときに説明があり、無難に書いて出す。忙しくて、目標のことなど日常で意識することはない。評価する時期になり、無難に書いて出す。どこをどう評価されるのか、分からない。そもそも、必要な制度なのか。
D 説明責任と言うけれど...
「評価の観点及び職務に関する標準的な行動例」がコピーされて渡された。これを見て、ますますどのように自分の評価を付ければいいのか分からなくなった。校長が何を基準に私をBとかCとかと評価しているか分からない。「説明責任」とよく耳にするけれど、AとB、BとCの違いは何なのか。
回答→ここで、具体的にお答えする立場にない。

宮城県教委は、成果と課題など調査分析検討を一切していないにも関わらず、新たに昇給制度にリンクさせました。これは、安直かつ横暴そして無責任な施政です。教職員への説明(賃金にリンクさせないと説明していた)を反故にするものでもあります。
宮城県教委は市町村教委に、指導・助言・援助をあらゆる場面でできるという発言が繰り返されました。県と市町村とは対等であることを無視しかねない危惧を抱きます。宮城県教委からK町教委に対して「処分するように」越権行為をした疑いについては、「かつてのことは分からない」と繰り返すばかりでした。また「将来のことは分からない」と繰り返していました。
毎回の交渉同様、教職員評価制度によって、校長が教職員とマンツーマンで話す機会ができたことしか、メリットとして上げられないでいました。「よいツールである」という発言もありました。あくまで評価する(しなければならない)校長のためのものでしかないことが、明らかです。
交渉後に県政記者会で記者会見を持ちました。自民党総裁選のため小池候補が来仙する慌ただしい中でしたが3社の記者が熱心にレクチャーを受けてくれました。関心は、高まっていると感じました。
今後も宮城県教委・市町村教委行動を持って行きます。
また、多くの仲間と出会うべく活動をしていきます。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
共に、大らかに軽やかにしたたかに和やかに、闘っていきましょうね。(2008.09.21)
スポンサーサイト

9/18 宮城県教委行動に参加・賛同お願いします。

新たな勤務評定『教職員評価制度』を許さない会では、
2008年9月18日に、宮城県教委行動を行います。
宮城県教育委員会教職員課との交渉です。
ぜひ多くの方の参加を呼びかけます。
15:40 宮城県庁(地下鉄県庁前下車すぐ)1階ロビー集合
16:00 県庁11階教職員課(終了後記者クラブへ)

参加できないけれど賛同してくださる方、
ぜひ宮城県教委へ、
制度&行政批判などをお寄せください。

前回2008年2月27日には、
当初「会う時間などない」と言っていた県教委。
けれども、皆さんからの声がたくさん集まり、
急遽、時間も部屋も準備しました。
「(教職員評価制度に反対して)処分するはずがない」
との回答。
処分するぞと脅された事例を話しても
「ありえない」
とのこと。調査を約束したものの、応答なし。
結局、2ヶ月後に電話で
「○○さんの件について当事者ではない人には、個人情報保護の観点からも問題だから。その時点で処分はしないと言ったわけで、未来永劫しないと言ってはいない。意見を伺うのはいいが、もう回答済みのことを何度も言われても困る。」
とのこと。

このまま教職員評価制度を定着させるわけにはいきません。
ぜひ、私たちと共に行動されることを呼びかけます。

宛先1)
小林伸一教育長宛
980-8423 宮城県仙台市青葉区本町3-8-1 宮城県教育委員会
宮城県教育庁総務課 企画広報調整班
TEL 022-211-3614 FAX 022-211-3699
電子メールは、こちらです。kyou-soumu@pref.miyagi.jp
教育委員会サイトは、こちらです。http://www.pref.miyagi.jp/kyouiku/

宛先2)
宮城県教育庁教職員課(教職員評価制度を担当する課)宛
980-8423 宮城県仙台市青葉区本町3-8-1 宮城県教育庁教職員課
TEL 022-211-3631 FAX 022-211-3698
電子メールは、こちらです。kyosyk@pref.miyagi.jp
教職員課サイトは、こちらです。http://www.pref.miyagi.jp/ky-teacher/

申し入れ及び質問状は、以下です。

宮城県教育委員会                                 2008年9月18日
教育長 小林伸一様
教職員評価制度に関わる申し入れ及び質問
新たな勤務評定『教職員評価制度』を
許さない会(代表:伊藤由子)

 私たちは、学校がよりよいものになることを望んでいます。しかし、宮城県教育委員会が作った教職員評価制度は、学校現場に混乱をもたらしています。全ての子どもたちがすこやかに育まれる学校を作るため、以下申し入れ及び質問します。



1 教職員評価制度の成果と課題を明らかにすること。

 教職員評価制度が、教職員一人ひとりの意欲的かつ主体的な教育活動に支障を来しています。評価を気にしてびくびくしながら、意欲的に教育活動できるものでしょうか。教職員評価制度の有効性についての疑問には、明確な回答を誰からも聞くことができません。試行2年そして本格実施2年半の成果をお答えください。また、この制度そのものの課題もお答えください。 
 なお、「新しい昇給制度」について、校長会などで県教委による説明が進められていると聞きます。この「新しい昇給制度」と教職員評価制度との関係を説明してください。
 
2 教職員評価制度を廃止すること。存続させる考えなら、見直し計画を明らかにすること。

教職員評価制度導入による管理強化によって、適正な教育活動に支障が出ています。
・とにかく書けばいい、従ったことにしておけばいいという無気力・無関心。
・日々監視されている、管理しなければならないという脅迫感。
・こんなことをやらされて、よくなるのかという不信感。
・協力し合えない状況の下、評価者である管理職に、かつてはできていた相談をできない孤立感。
・孤立させられた教職員は、自分を責め、健康を害しがち。精神疾患の蔓延...
 教職員評価制度が、学校への不安を増大させているのです。監視管理され、表面だけ繕い、孤立し疲弊させられた教職員に、どのような教育活動をしろというのでしょうか。
 これまでの交渉(2007.8.24. 2006.12.19.)で教職員評価制度の見直しは「3年」「必要があればその都度」と聞いています。2008年度が「3年目」となります。見直し計画がどのようなものか、明らかにしてください。
 また、見直すかどうかの検討が行われたか否かも、お答えください。

3 教職員評価制度に反対する教職員を、処分しないこと。        

 市町村立学校で勤務する教職員を処分するために、市町村教育委員会に圧力を掛けるのは、越権行為です。まさに法に違反する行為です。どの法令に基づいて県教委は「指導」「処分」するのですか。

4 私たちには、いろいろな相談が寄せられています。以下の具体的な学校現場での相談について、どのように考えますか。

A ゆとりのない管理職...
いつでも紙挟みを持ち、監視する管理職。どんなことでもメモし、会話が成立しない。児童生徒からも「こわい」と言われている。「説明責任」という「職務」の圧力に、健康も害している。
B 「指導力不足」というおどし...
教職員評価制度についておかしいと思う。けれども管理職に反する言動をすると「指導力不足」と言われる。クビになるのが怖いから、評価票は無難に書いて出している。教職員評価制度がない以前のほうが、みんなのびのびできる。
C 意味あるんだろうか...
教職員評価制度と言っても、春と冬だけのこと。書くときに説明があり、無難に書いて出す。忙しくて、目標のことなど日常で意識することはない。評価する時期になり、無難に書いて出す。どこをどう評価されるのか、分からない。そもそも、必要な制度なのか。
D 説明責任と言うけれど...
「評価の観点及び職務に関する標準的な行動例」がコピーされて渡された。これを見て、ますますどのように自分の評価を付ければいいのか分からなくなった。校長が何を基準に私をBとかCとかと評価しているか分からない。「説明責任」とよく耳にするけれど、AとB、BとCの違いは何なのか。

以上 2008年9月末日までに文書でご回答ください。

どうぞよろしくお願いします。(土屋聡)

服従だけでは、未来がありません。

みやぎの小学校教員の土屋聡です。
2006年度は教職員評価制度にささやかながら抵抗(自己評価票の白紙提出)した私への処分危機に支援頂いたこと感謝します。2007年度も同様の抵抗はしているものの、光輝く素敵な3年生14名と共に楽しく過ごしてきています。
しかしながら2008年1月30日町教育長が学校に来ました。宮城県教委が私を処分すると言っているとのことです。町教育長は処分したくない意向であるものの、県教委の姿勢は強固な模様です。私は、教職員がバラバラに競争・評価される制度は、学校を荒廃させると心配しています。それゆえに、教職員評価制度に服従しなかったことによる処分など受け入れられません。処分発令及び制度の脅威化を止めるため、ぜひあなたの力を貸してください。
2008年2月11日に新たな勤務評定『教職員評価制度』を許さない会の会議があります。ぜひご参加ください。どうぞよろしくお願いします。
2008年2月11日(月・休)「教職員評価」問題交流会
10:00- 仙台市市民活動サポートセンター研修室1(仙台市青葉区一番町四丁目1-3)
主催:新たな教職員評価制度を許さない会

韓国での教職員評価制度との闘い(増田都子さんの文書の転載)

犯罪都教委&3悪都議と断固闘う増田都子さんから転載可のお返事をいただいたので、以下転載します。

 現在『真実は必ず勝つ! 扶桑社「歴史偽造」教科書批判による免職を許さない』(仮題)という私の闘いのパンフ発行を計画中です。韓国の前全教組副委員長チョ・ヒジュ先生から、それに載せるメッセ-ジをいただきましたので、企業秘密!? にせずに、ご紹介します! 発行できましたら、ぜひ、ご購読をお願いしますね!

 今、日本の新自由主義教育政策・・・都教委が尖兵となり、文科省が全国に進めた教育愚策の教員5段階評価制度が、日本から韓国に輸出されようとしているようです。しかし、韓国では全教組の先生たちの闘いで、これを跳ね返せるかもしれません。日本の教職員組合・労働運動は韓国の先生たちや労働者の闘いから学ぶことが多くありそうです。

「増田都子先生

 真理と正義を教えるべき教師に対して、真実を教えたという理由で学校から解雇させた現実が残念です。こうしたことを行った東京都に対し、強く糾弾します。歪曲された歴史を正すために努力している中で解雇された先生の実践を尊敬いたします。先生の行動は正当であり、今後、歴史的評価が正しくなされるだろうと確信します。先生のような実践こそ、誤った歴史を正す上で大きな力になるでしょうし、真理と正義は必ず勝利するということを立証するだろうと信じています。日本政府と東京都の野蛮な歴史歪曲と教師に対する不当な解雇を撤回することを強く要求します。

 韓国の教育の状況と教育労働者の対応を知るために韓国を訪問されたことに対して感謝します。今後、日韓教育労働者の連帯をさらに強固にすることのできる契機になればと思います。
 新自由主義グローバリゼーションに抗する闘いは日本や韓国でも熾烈に行われるべきですが、国際的な連帯行動を組織することもまた重要な問題だと思います。

 韓国は、新自由主義的教育政策の持続によって教育の不平等がひどくなっており、塾などの私教育費が増えて親の教育費負担はさらに重たくなっています。また、競争主義教育政策の強化と学歴第一主義の学校政策など、矛盾がひどくなっています。教員には教員評価の導入と成果給制の導入など、教員に対するリストラが強化されています。これに対して全教組など教育労働運動団体は、教員評価法制化阻止闘争と等級成果給阻止闘争を今年の下半期の重点闘争と設定して闘いを準備しています。

 これまで教員評価は、勤務評定制度という名で評価されてきました。勤務評価制度は、校長が各学校の教師を評価する制度で、5段階で評価し、主に昇進に反映させる制度です。したがって、昇進に関心がない、または教員労組活動をする教師にはあまり関心のない評価制度でした。しかし、新たに導入されようとしている教員評価制度は、同僚である教師の評価、学生の評価、親の評価、校長・副校長の評価といった多面評価を通して教師間の競走を強め、教師を一列に並ばせる非教育的な評価制度です。教師を牛肉のように等級で分け、等級に応じて教師の月給を差別化して支給し、下位等級になり続けると事実上教壇に立てなくなるようにさせる制度でもあります。


 その一環として等級成果給制を導入しようとしており、これまで全教組など教師の抵抗によって成果給制をある程度阻止してきていますが、今年になって再度成果給制を拡大強化しようとしており、韓国政府は今年下半期の通常国会で教員評価法制化を推進しています。これに対して全教組は、教員評価法制化阻止と成果給阻止闘争を下半期の中心課題として設定し、闘争を準備しています。資本と政府の新自由主義教育政策推進の力は侮れませんが、最善を尽くし、教員評価法制化を阻止し、成果給制度を破産に追い込むようにすべきでしょう。

 また、教員評価法制化を阻止する、または成果給制度の導入を阻止する闘いを展開すると同時に、中長期的な戦略的課題として、労働者民衆の普遍的な教育権を拡大強化するための急進的な課題を提出し、これを貫徹するための構成的な運動を展開します。いわゆる民衆的教育改編運動です。民衆的教育改編運動とは、資本と政府の立場だけが一方的に貫徹される教育ではなく、資本主義を乗り越え、労働者民衆が主人公になる教育改編運動です。教育の市場化と商品化を中心とする新自由主義的な教育攻勢に対する現実的な対案と展望であり、中長期的な戦略的課題を実現するための運動です。

 新自由主義教育政策は、教育の商品化と市場化、開放化を本質としていますが、韓国の教育の特殊性と結合して、入試競争の強化、中等教育機関と大学の序列化の強化として現実化しており、これを通して教育の公共性は機能を止め、教育不平等現象はさらに加速化しています。過度の入試競争と大学序列化は教育の公共性を破壊し、真の教育の実現を妨げると同時に、民衆の無謀な出費と学生たちの苦しみを強要する核心的な地点であり、教育不平等の結果が最終的に完成する地点であると同時に、社会的不平等へつながる中心の環です。

 したがって、民衆教育改編運動の課題の中の一つである入試撤廃と大学標準化運動を全国民的な運動として展開するつもりです。今、教育問題は、全教組や教師だけの問題ではなく、労働者民衆全体の問題であり、社会運動の核心的イシューです。それゆえ、市民社会労働団体などと連帯し、入試撤廃と大学標準化問題を大統領選挙と来年の国会議員総選挙の時期に争点化させ、新自由主義の教育政策を破綻させる闘争を展開するための準備をしています。「入試撤廃-大学標準化国民運動本部」を全国単位として今年下半期内に結成し、全国民的な運動を展開する計画です。

 入試撤廃運動・大学標準化運動は、単に学生と民衆の苦しみを軽減するという消極的な意味を越え、教育の基本的性格を再規定していく運動、すなわち、教育の自由化を止揚し、教育の公共性を高めていく運動であり、消耗な競争を止揚し、個人と社会の知的・文化的能力を高揚させる運動です。入試撤廃と大学標準化運動を通して乳児教育から大学まで無償教育を拡大する土台を作り、長期的な課題を実現することにより、労働者民衆が主体となる民衆的教育制度が定着しうるように闘いを展開していきます。

 〈入試廃止と大学標準化国民運動本部・準備会)〉最初の事業として8月29日から9月20日まで全国的に自転車大長征に突入します。全64都市2,250kmの距離を一日に10km程度自転車で走り、各地域の労働者・農民などに入試廃止大学標準化実現のための全国民的な運動を展開することを訴えています。それから11月24日には入試廃止・大学標準化・学閥打破のための全国大会を開催する計画です。今こそ始まりです。新自由主義教育政策を破綻させ、労働者民衆のための新しい教育秩序を作り出していくための大長征です。一人が見る夢は空想になるかもしれませんが、数人が見る夢は現実になります。

2007年9月5日
前全教組副委員長・現進歩教育研究所所長、入試廃止大学標準化国民運動本部執行委員長 チョ・ヒジュ」

07年8月24日、県教委へ申し入れ行動をしました

17名が集まり、教職員課の方と話し合いを持ちました。

宮城県の場合、評価票は校長に開示を求めた人のみが見ることができます。
ある学校では、誰一人評価票を見なかったということ、見ないという形で教員が分断を拒否していることなどが現場の先生から発言がありました。

教職員課の人は、「制度として決まっているんだから」ばかり。
法で決まれば、何でも法に従うのですか!?

評価制度は、職場に分断を持ち込み、指導力不足教員、不適格教員、従わない教員を排除するということにつながる道です。

この社会を動かしているのは労働者です☆

教育労働者が拒否をすれば、評価制度は紙切れになると思います!

みんなの力で評価制度を撤廃しましょー☆

教育委員会が実施したアンケート調査

教員評価についてアンケート調査を教育委員会が実施しました。
血税100万円を使って、調査結果分析を民間の会社に委託しています。

分析はズサンなものでした。
結果分析を許さない会が行ったものと比較しました。
IMG.jpg

更新が滞ってしまい申し訳ありませんでした

ご無沙汰して申し訳ありません。

新年度からは、更新をやっていくつもりなのでよろしくおねがいします。

また、教育委員会が行ったアンケート調査結果を許さない会が分析した
ものを近日中にアップする予定です。

また教育に関する新聞記事なども紹介しようと思っています。
mon.jpg

県庁申し入れ行動に行ってきました

15日、県庁申し入れ行動を行いました。
要望書を提出しました。
2つのことを求めました。
①教員評価にかかる自己評価表不提出及び不記入提出教職員に対して一 切の処分を行わないこと。
②今後も新たな勤務評定教職員評価制度を許さない会との話し合いを持ち、広く市民の声を学校きょういく施策に反映させていくこと。

行動としては9人でいつもより少なかったのですが、9人全員が自分の思いを担当に人に話せたことはよかったと思います。1児のお母さんからは「子どもの将来のことをことを考えると不安でまともな回答をしてください」とか中国残留孤児の活動をしておられる方からは「評価制度導入で問題がある子を持ちたくないという先生が出てきているからよくない」などという発言がありました。

最後に当該である先生2人が発言しました。評価表の提出期限は1月末です。2月1日以降に何らかの処分が出せれる可能性があります。

みんなの力で処分を出させないといううねりを作っていきましょう

p.s.
担当の職員は2人いたのですがそのうちの1人は腕組をして聞いていました。市民の声をこんな態度で聞くの!?と腹がたちました
070115_1702~0001-0001.jpg

あけましておめでとうございます♪

更新が滞っている状態が続いてしまっています。ごめんなさい。
今年はちゃんと更新するぞ

行動のお知らせです
みんなのパワーが必要です!
ぜひ集まってください☆

1月15日(月)
宮城県教育委員会申し入れ行動
16:00~ 県庁16階

1月21日(日)
教員評価許さない会 会議
14:00~市民活動サポートセンター第4研修室

集会の場所が決まりました!

明日、19日に県教育委員会へ申し入れ行動があります。
その後、集会を行います。

場所は・・・
市民活動サポートセンター第5研修室です

Appendix

Categories Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

新たな勤務評定『教職員評価制度』を許さない会

教員同士をバラバラにする教員評価制度を撤廃しましょう!

Extra

プロフィール

新たな勤務評定『教職員評価制度』を許さない会

Author:新たな勤務評定『教職員評価制度』を許さない会
教員同士をバラバラにする教員評価制度を撤廃しましょう!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

☆お知らせ☆

質問・お問い合わせ

hyouka-iyayo@hotmail.co.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。