FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.18.宮城県教委行動の報告です。

2008.09.18.宮城県教育委員会申し入れ行動 報告です。

たくさんの方からメールやファックスを宮城県教委にお寄せいただいたこと、感謝しています。お一人おひとりの声が、権力の横暴を止める力を持っていると感じています。ありがとうございました。
2008年9月18日16:00-17:20 宮城県庁611会議室 
宮城県教委:3名(教職員課副参事兼課長補佐、小中学校班副参事、他1名)、許さない会:11名

質問状への宮城県教委の回答は、次の通りです。
 私たちは、学校がよりよいものになることを望んでいます。しかし、宮城県教育委員会が作った教職員評価制度は、学校現場に混乱をもたらしています。全ての子どもたちがすこやかに育まれる学校を作るため、以下申し入れ及び質問します。

1 教職員評価制度の成果と課題を明らかにすること。

 教職員評価制度が、教職員一人ひとりの意欲的かつ主体的な教育活動に支障を来しています。評価を気にしてびくびくしながら、意欲的に教育活動できるものでしょうか。教職員評価制度の有効性についての疑問には、明確な回答を誰からも聞くことができません。試行2年そして本格実施2年半の成果をお答えください。また、この制度そのものの課題もお答えください。 
 なお、「新しい昇給制度」について、校長会などで県教委による説明が進められていると聞きます。この「新しい昇給制度」と教職員評価制度との関係を説明してください。
回答→成果と課題について、現時点で分析していない。現時点では、分析計画もない。情報収集はしているが、皆さんに示せるものではない。賃金は、多角的総合的に評価すべきなので、全て(教職員評価制度も)参考にする。

2 教職員評価制度を廃止すること。存続させる考えなら、見直し計画を明らかにすること。
 教職員評価制度導入による管理強化によって、適正な教育活動に支障が出ています。
・とにかく書けばいい、従ったことにしておけばいいという無気力・無関心。
・日々監視されている、管理しなければならないという脅迫感。
・こんなことをやらされて、よくなるのかという不信感。
・協力し合えない状況の下、評価者である管理職に、かつてはできていた相談をできない孤立感。
・孤立させられた教職員は、自分を責め、健康を害しがち。精神疾患の蔓延...
 教職員評価制度が、学校への不安を増大させているのです。監視管理され、表面だけ繕い、孤立し疲弊させられた教職員に、どのような教育活動をしろというのでしょうか。
 これまでの交渉(2007.8.24. 2006.12.19.)で教職員評価制度の見直しは「3年」「必要があればその都度」と聞いています。2008年度が「3年目」となります。見直し計画がどのようなものか、明らかにしてください。
 また、見直すかどうかの検討が行われたか否かも、お答えください。
回答→現時点で、廃止は全く考えていない。見直し計画もない。見直しには、ある程度のサイクルが必要。

3 教職員評価制度に反対する教職員を、処分しないこと。

 市町村立学校で勤務する教職員を処分するために、市町村教育委員会に圧力を掛けるのは、越権行為です。まさに法に違反する行為です。どの法令に基づいて県教委は「指導」「処分」するのですか。
回答→懲戒処分ということでは、現時点では具体的に検討しているものはない。ただし、将来に渡っては、処分しないと保障できるものではない。教育委員会の権限である。

4 私たちには、いろいろな相談が寄せられています。以下の具体的な学校現場での相談について、どのように考えますか。

A ゆとりのない管理職...
いつでも紙挟みを持ち、監視する管理職。どんなことでもメモし、会話が成立しない。児童生徒からも「こわい」と言われている。「説明責任」という「職務」の圧力に、健康も害している。
B 「指導力不足」というおどし...
教職員評価制度についておかしいと思う。けれども管理職に反する言動をすると「指導力不足」と言われる。クビになるのが怖いから、評価票は無難に書いて出している。教職員評価制度がない以前のほうが、みんなのびのびできる。
C 意味あるんだろうか...
教職員評価制度と言っても、春と冬だけのこと。書くときに説明があり、無難に書いて出す。忙しくて、目標のことなど日常で意識することはない。評価する時期になり、無難に書いて出す。どこをどう評価されるのか、分からない。そもそも、必要な制度なのか。
D 説明責任と言うけれど...
「評価の観点及び職務に関する標準的な行動例」がコピーされて渡された。これを見て、ますますどのように自分の評価を付ければいいのか分からなくなった。校長が何を基準に私をBとかCとかと評価しているか分からない。「説明責任」とよく耳にするけれど、AとB、BとCの違いは何なのか。
回答→ここで、具体的にお答えする立場にない。

宮城県教委は、成果と課題など調査分析検討を一切していないにも関わらず、新たに昇給制度にリンクさせました。これは、安直かつ横暴そして無責任な施政です。教職員への説明(賃金にリンクさせないと説明していた)を反故にするものでもあります。
宮城県教委は市町村教委に、指導・助言・援助をあらゆる場面でできるという発言が繰り返されました。県と市町村とは対等であることを無視しかねない危惧を抱きます。宮城県教委からK町教委に対して「処分するように」越権行為をした疑いについては、「かつてのことは分からない」と繰り返すばかりでした。また「将来のことは分からない」と繰り返していました。
毎回の交渉同様、教職員評価制度によって、校長が教職員とマンツーマンで話す機会ができたことしか、メリットとして上げられないでいました。「よいツールである」という発言もありました。あくまで評価する(しなければならない)校長のためのものでしかないことが、明らかです。
交渉後に県政記者会で記者会見を持ちました。自民党総裁選のため小池候補が来仙する慌ただしい中でしたが3社の記者が熱心にレクチャーを受けてくれました。関心は、高まっていると感じました。
今後も宮城県教委・市町村教委行動を持って行きます。
また、多くの仲間と出会うべく活動をしていきます。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
共に、大らかに軽やかにしたたかに和やかに、闘っていきましょうね。(2008.09.21)
スポンサーサイト

9/18 宮城県教委行動に参加・賛同お願いします。

新たな勤務評定『教職員評価制度』を許さない会では、
2008年9月18日に、宮城県教委行動を行います。
宮城県教育委員会教職員課との交渉です。
ぜひ多くの方の参加を呼びかけます。
15:40 宮城県庁(地下鉄県庁前下車すぐ)1階ロビー集合
16:00 県庁11階教職員課(終了後記者クラブへ)

参加できないけれど賛同してくださる方、
ぜひ宮城県教委へ、
制度&行政批判などをお寄せください。

前回2008年2月27日には、
当初「会う時間などない」と言っていた県教委。
けれども、皆さんからの声がたくさん集まり、
急遽、時間も部屋も準備しました。
「(教職員評価制度に反対して)処分するはずがない」
との回答。
処分するぞと脅された事例を話しても
「ありえない」
とのこと。調査を約束したものの、応答なし。
結局、2ヶ月後に電話で
「○○さんの件について当事者ではない人には、個人情報保護の観点からも問題だから。その時点で処分はしないと言ったわけで、未来永劫しないと言ってはいない。意見を伺うのはいいが、もう回答済みのことを何度も言われても困る。」
とのこと。

このまま教職員評価制度を定着させるわけにはいきません。
ぜひ、私たちと共に行動されることを呼びかけます。

宛先1)
小林伸一教育長宛
980-8423 宮城県仙台市青葉区本町3-8-1 宮城県教育委員会
宮城県教育庁総務課 企画広報調整班
TEL 022-211-3614 FAX 022-211-3699
電子メールは、こちらです。kyou-soumu@pref.miyagi.jp
教育委員会サイトは、こちらです。http://www.pref.miyagi.jp/kyouiku/

宛先2)
宮城県教育庁教職員課(教職員評価制度を担当する課)宛
980-8423 宮城県仙台市青葉区本町3-8-1 宮城県教育庁教職員課
TEL 022-211-3631 FAX 022-211-3698
電子メールは、こちらです。kyosyk@pref.miyagi.jp
教職員課サイトは、こちらです。http://www.pref.miyagi.jp/ky-teacher/

申し入れ及び質問状は、以下です。

宮城県教育委員会                                 2008年9月18日
教育長 小林伸一様
教職員評価制度に関わる申し入れ及び質問
新たな勤務評定『教職員評価制度』を
許さない会(代表:伊藤由子)

 私たちは、学校がよりよいものになることを望んでいます。しかし、宮城県教育委員会が作った教職員評価制度は、学校現場に混乱をもたらしています。全ての子どもたちがすこやかに育まれる学校を作るため、以下申し入れ及び質問します。



1 教職員評価制度の成果と課題を明らかにすること。

 教職員評価制度が、教職員一人ひとりの意欲的かつ主体的な教育活動に支障を来しています。評価を気にしてびくびくしながら、意欲的に教育活動できるものでしょうか。教職員評価制度の有効性についての疑問には、明確な回答を誰からも聞くことができません。試行2年そして本格実施2年半の成果をお答えください。また、この制度そのものの課題もお答えください。 
 なお、「新しい昇給制度」について、校長会などで県教委による説明が進められていると聞きます。この「新しい昇給制度」と教職員評価制度との関係を説明してください。
 
2 教職員評価制度を廃止すること。存続させる考えなら、見直し計画を明らかにすること。

教職員評価制度導入による管理強化によって、適正な教育活動に支障が出ています。
・とにかく書けばいい、従ったことにしておけばいいという無気力・無関心。
・日々監視されている、管理しなければならないという脅迫感。
・こんなことをやらされて、よくなるのかという不信感。
・協力し合えない状況の下、評価者である管理職に、かつてはできていた相談をできない孤立感。
・孤立させられた教職員は、自分を責め、健康を害しがち。精神疾患の蔓延...
 教職員評価制度が、学校への不安を増大させているのです。監視管理され、表面だけ繕い、孤立し疲弊させられた教職員に、どのような教育活動をしろというのでしょうか。
 これまでの交渉(2007.8.24. 2006.12.19.)で教職員評価制度の見直しは「3年」「必要があればその都度」と聞いています。2008年度が「3年目」となります。見直し計画がどのようなものか、明らかにしてください。
 また、見直すかどうかの検討が行われたか否かも、お答えください。

3 教職員評価制度に反対する教職員を、処分しないこと。        

 市町村立学校で勤務する教職員を処分するために、市町村教育委員会に圧力を掛けるのは、越権行為です。まさに法に違反する行為です。どの法令に基づいて県教委は「指導」「処分」するのですか。

4 私たちには、いろいろな相談が寄せられています。以下の具体的な学校現場での相談について、どのように考えますか。

A ゆとりのない管理職...
いつでも紙挟みを持ち、監視する管理職。どんなことでもメモし、会話が成立しない。児童生徒からも「こわい」と言われている。「説明責任」という「職務」の圧力に、健康も害している。
B 「指導力不足」というおどし...
教職員評価制度についておかしいと思う。けれども管理職に反する言動をすると「指導力不足」と言われる。クビになるのが怖いから、評価票は無難に書いて出している。教職員評価制度がない以前のほうが、みんなのびのびできる。
C 意味あるんだろうか...
教職員評価制度と言っても、春と冬だけのこと。書くときに説明があり、無難に書いて出す。忙しくて、目標のことなど日常で意識することはない。評価する時期になり、無難に書いて出す。どこをどう評価されるのか、分からない。そもそも、必要な制度なのか。
D 説明責任と言うけれど...
「評価の観点及び職務に関する標準的な行動例」がコピーされて渡された。これを見て、ますますどのように自分の評価を付ければいいのか分からなくなった。校長が何を基準に私をBとかCとかと評価しているか分からない。「説明責任」とよく耳にするけれど、AとB、BとCの違いは何なのか。

以上 2008年9月末日までに文書でご回答ください。

どうぞよろしくお願いします。(土屋聡)

Appendix

Categories Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

新たな勤務評定『教職員評価制度』を許さない会

教員同士をバラバラにする教員評価制度を撤廃しましょう!

Extra

プロフィール

新たな勤務評定『教職員評価制度』を許さない会

Author:新たな勤務評定『教職員評価制度』を許さない会
教員同士をバラバラにする教員評価制度を撤廃しましょう!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

☆お知らせ☆

質問・お問い合わせ

hyouka-iyayo@hotmail.co.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。