FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C2] こんにちは。

昨日、校長面談がありました。教員評価を示されました。「勤務時間よりも早くきて、教室で子どもを待つべきである」「座って授業をしていることが多いようだが、立って授業するべきである」という理由で、低い評価でした。

勤務時間より早く来ることが常識なのでしょうか。

また、たまたま見にこられた授業で私がイスに座っていたからといって、なぜ「立って授業せよ」と、意図不明の指導が入るのでしょうか。

理解不能です。

本日は年休をとり、しかし教室で授業をしました。そのかわり、授業以外のことは一切いたしませんでした。年休なので。

理不尽な評価に、せめてもの抵抗。
  • 2008-02-20
  • 投稿者 : 新潟県教員
  • URL
  • 編集

[C3] ・・・

まだ私は大学生の身分でこう言うのもなんなんですが、なぜ教員評価がダメなのですか?あなたの意見ではばらばらな教員評価では学校が荒廃するとのことでした。なぜ、教員評価ごときで学校が荒廃するのですか?結局は教員の努力ではないでしょうか。良い教員であれば教員評価が悪くともおのずと生徒がついてきてくれます。あなたは生徒がついてこないのを恐れているだけではないでしょうか?あなたは自分の授業に自信がないのでしょうか。
そして、あなたのもうひとつの意見。教育労働者が反対すれば紙切れになるともおっしゃってました。と、いうことはあなたは企業等の労働者と同じ権利をここで表しているのですよね?この権利はあるでしょう。しかし、企業等の労働者もノルマなどで評価され、また、理不尽な評価により給与査定もされています。これを考えるとあなたはこちらの権利を示しているのみで、逆側からの意見を無視していますよね?

あなたの評価をよく見て、本当に直すべき点はひとつくらいあるでしょうから一度真摯にうけとめてみてはいかがでしょうか。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

服従だけでは、未来がありません。

みやぎの小学校教員の土屋聡です。
2006年度は教職員評価制度にささやかながら抵抗(自己評価票の白紙提出)した私への処分危機に支援頂いたこと感謝します。2007年度も同様の抵抗はしているものの、光輝く素敵な3年生14名と共に楽しく過ごしてきています。
しかしながら2008年1月30日町教育長が学校に来ました。宮城県教委が私を処分すると言っているとのことです。町教育長は処分したくない意向であるものの、県教委の姿勢は強固な模様です。私は、教職員がバラバラに競争・評価される制度は、学校を荒廃させると心配しています。それゆえに、教職員評価制度に服従しなかったことによる処分など受け入れられません。処分発令及び制度の脅威化を止めるため、ぜひあなたの力を貸してください。
2008年2月11日に新たな勤務評定『教職員評価制度』を許さない会の会議があります。ぜひご参加ください。どうぞよろしくお願いします。
2008年2月11日(月・休)「教職員評価」問題交流会
10:00- 仙台市市民活動サポートセンター研修室1(仙台市青葉区一番町四丁目1-3)
主催:新たな教職員評価制度を許さない会
スポンサーサイト

2件のコメント

[C2] こんにちは。

昨日、校長面談がありました。教員評価を示されました。「勤務時間よりも早くきて、教室で子どもを待つべきである」「座って授業をしていることが多いようだが、立って授業するべきである」という理由で、低い評価でした。

勤務時間より早く来ることが常識なのでしょうか。

また、たまたま見にこられた授業で私がイスに座っていたからといって、なぜ「立って授業せよ」と、意図不明の指導が入るのでしょうか。

理解不能です。

本日は年休をとり、しかし教室で授業をしました。そのかわり、授業以外のことは一切いたしませんでした。年休なので。

理不尽な評価に、せめてもの抵抗。
  • 2008-02-20
  • 投稿者 : 新潟県教員
  • URL
  • 編集

[C3] ・・・

まだ私は大学生の身分でこう言うのもなんなんですが、なぜ教員評価がダメなのですか?あなたの意見ではばらばらな教員評価では学校が荒廃するとのことでした。なぜ、教員評価ごときで学校が荒廃するのですか?結局は教員の努力ではないでしょうか。良い教員であれば教員評価が悪くともおのずと生徒がついてきてくれます。あなたは生徒がついてこないのを恐れているだけではないでしょうか?あなたは自分の授業に自信がないのでしょうか。
そして、あなたのもうひとつの意見。教育労働者が反対すれば紙切れになるともおっしゃってました。と、いうことはあなたは企業等の労働者と同じ権利をここで表しているのですよね?この権利はあるでしょう。しかし、企業等の労働者もノルマなどで評価され、また、理不尽な評価により給与査定もされています。これを考えるとあなたはこちらの権利を示しているのみで、逆側からの意見を無視していますよね?

あなたの評価をよく見て、本当に直すべき点はひとつくらいあるでしょうから一度真摯にうけとめてみてはいかがでしょうか。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Categories Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

新たな勤務評定『教職員評価制度』を許さない会

教員同士をバラバラにする教員評価制度を撤廃しましょう!

Extra

プロフィール

新たな勤務評定『教職員評価制度』を許さない会

Author:新たな勤務評定『教職員評価制度』を許さない会
教員同士をバラバラにする教員評価制度を撤廃しましょう!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

☆お知らせ☆

質問・お問い合わせ

hyouka-iyayo@hotmail.co.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。